台東区避難所問題:野宿する人々100人に行った聞き取りの結果 パート3 ----避難所についての野宿する人々の思い…

聞き取りの中では、台東区の避難所について、知っていたかどうかについてもたずねている。普段台東区内で暮らしている人が83人、そのうち25人が「知っていた」と答え、58人が「知らなかった」という答え。この数字から導き出されるのは「野宿者にも避難所の周知をすべき」という結論だろう。確かに重要なポイントではある。最も災害の影響を受け、命が危険に…
トラックバック:0

続きを読むread more

台東区避難所問題:野宿する人々100人に行った聞き取りの結果 パート2 ----12日、野宿する人々はどのように夜…

「バス停の屋根の下にいた。ちょっと雨がすごかったよ。濡れてびしょびしょ。」「高速道路の下にいた。濡れた濡れた」「アーケードにいたんだけど看板が飛んできた」聞き取りでは、まず台風の時にいた場所を尋ねたが、それへの回答の一部だ。その他にも「アーケードにいた。屋根のトタンがバタバタして吹っ飛ぶんじゃないかと思った」「駅にいた。雨風がすごかった…
トラックバック:0

続きを読むread more

台東区避難所問題:野宿する人々100人に行った聞き取りの結果 パート1

【聞き取りを行うにあたって、またその分析を行うにあたって考えたこと】もちろん、台東区の「野宿者お断り避難所」についてである。この問題が注目を集め、多くの人が様々な意見や評論を言った。私達は、この問題について、何よりもまず当事者、避難所に入るのを断られた野宿する人々、の声が先頭に出るべきと考えてきた。10月12日、台風19号が東京を直撃し…
トラックバック:0

続きを読むread more